ホーム > 考え

コーポレート・フィロソフィー

変わらないためには、変わりつづける

日本は戦後「ものづくり」を通じて、すさまじい経済成長を成し遂げました。しかし、現在近代工業社会そのものの枠組みが崩れ、ものづくり経済で発展した日本は急速に元気を失いつつあります。また、日本の少子・高齢化やアジア新興国等の台頭も相まって、急激に世界経済の中で日本の存在感は低下してきております。
では、そのような状況下、21世紀に日本は何を目指していけばよいのでしょうか?
まちノベイト社は、日本の郷土が持つ自然、歴史、文化、食、医療(長寿国)、農業等の誇れる資源を通じて、日本の郷土である「まち 」を世界に発信し、世界中から人に来てもらうということだと考えております 。
私たちは、元気を失いつつある地方の「まち」に新しい息吹を吹き込む作業(「まち」を革新する)を通じて、魅力的な「まち」をつくり、海外に発信したいと思っています。そうすることで、「まち」に人が往来し、活気が生まれ、都会から人が戻ってくる、このような好循環スパイラルをつくりたいと思っております。
我々の後世にすばらしい日本の郷土を残すためには、伝統を守るだけでなく、「まち」を革新させ続けることが必要不可欠だと思います。
まさに、変わらないためには、変わりつづけることが重要だと考えております。


株式会社まちノベイト社 グループ代表 笠原 崇広




コーポレート・ポリシー

まちノベイト社は、以下の3つの「思い」をコーポレート・ポリシーとして、日本の郷土である「まち」に貢献していきたいと思っております。

1
1.「まち」を元気にしたい。
我々の子供達が将来自分の故郷に戻ってきたいと思う「まち」にしたい。
そして実際に生活する上で必要となる働く環境(観光産業)を創出し、若者が戻る活気ある郷土をつくりたい。



2
2.「まち」の大切な資源を後世に受け継ぎたい。
まちの魅力的な観光資源であるにもかかわらず、有効活用されていない「モノ」「場」「空間」を新たな息吹で革新させることで、後世に受け継いでいきたい。




3
3.「まち」のすばらしさを世界に伝えたい。
わが郷土を世界に発信することで、「まち」の素晴らしさを知ってもらい、訪れてもらいたい。
「まち」に大勢の人が集まることで、「まち」に活気が生まれ、都会、海外で活躍する若者が再び「まち」に戻り、そのすばらしさを受け継ぐサイクルをつくっていきたい。





コーポレート・ロゴ&カラー

ロゴマーク・コーポレートカラー

日本の素晴らしい自然や山々のイメージを表現した「グリーン」と日本を元気に革新「イノベイト」させるイメージを表現した「オレンジ」の2色をコーポレートカラーとしております。
ロゴは日本の家紋をコンセプトに、雄大な山々を、そして人と人がまちを繋ぐという思いをデザインしました。
「すばらしい日本美を世界に」という思いを込めています。




このページの上部へ